そのだ歯科の健康の入り口

そのだ歯科医院-健康の入り口

人生100年時代の女の健康戦略

2018-07-27

人生100年時代の女の健康戦略
人生100年時代の女の健康戦略日経ヘルス2018年8月号に 「人生100年時代の女の健康戦略」 という記事が載っていました。
2017年の日本人の平均寿命は女性が87.26歳、男性が81.09歳で、ともに過去最高を更新したことが2018年7月20日、厚生労働省の調査で分かりました。
医療技術や栄養学の進歩などによって、人生100年という時代がやってきそうです。

日経ヘルスが、女性の健康面に絞って、いまからどういった考え方で、何をすべきかという “健康戦略” についてまとめた記事を紹介します。
人生100年時代、女性にとって意識したいのは、健康寿命を伸ばすこと。
「そのための対策は、60代、70代から始めるのではなく、より若いころから、心がけたい」と横浜労災病院産婦人科部長の茶木修先生は話しています。
その最も大きを節目は、50歳前後の閉経です。東京都健康長寿医療センター研究部長の大渕修一先生は 「女性の健康寿命に影響する最大の要因は“足腰の衰え”であることがわかってきた」 と指摘しています。
例えば、要介護になった原因を男性と比較したところ、変形性ひざ関節症など関節疾患は男性の約3.3倍に、骨粗鬆症など骨折転倒は約1.6倍に及んだそうです。
こうした女性の足腰の衰えの大きな原因に、閉経期に起こる骨密度の急激な低下や関節の弱まりがあります。

茶木先生は「閉経前に一度、骨密度を測定し、閉経後の経過を見ておくといい。特に母親が骨粗鬆症の場合、娘は注意が必要だ」と言っています。
骨密度の推移を見て、「骨密度低下に女性ホルモンが大きく影響している人の場合は、ホルモン補充療法で早めに骨粗鬆症の対策をすることも可能だ」そうです。
もう一つ重要なのは、筋肉量の維持です。大渕先生は 「筋肉は、弱くなった関節をサポートしてくれる。筋肉量を維持するため、早いうちから運動習慣をつけたい。
運動は認知機能低下の予防にもつながる」 と述べています。
閉経期には血圧が上がったり、脂質異常症になりやすかったりしますが、運動は血管ケアにも役立ちます。
「まずは運動で、いつまでも動ける体の土台づくりを!」と記事には書いてありました。


人生100年時代の女の健康戦略

配信 Willmake143

子どもを熱中症から守る

2018-07-23

子どもを熱中症から守る
子どもを熱中症から守る日本各地で記録的な猛暑が続き、熱中症への注意が連日呼びかけられています。
夏休みに入ると子どもが家で過ごす時間も増えるため、身近な大人が子どもの様子を十分見守る必要があると2018年7月22日の読売新聞が伝えていました。

乳幼児は代謝が盛んな一方、体温調節の能力が未発達で、体幹部の体温が大人より大きく上昇しやすく、熱中症になるリスクが高い。
小学生でも体調の変化を言葉でうまく伝えられないこともあるので、様子の変化をよく確認してほしいと記事には書いてありました。

頭が痛い、吐き気がする、だるい、力が入らないなどの症状があったら、エアコンのきいたところに移動するのが望ましい。さらに
1.体温が上がって体を冷やしても下がらない
2.汗が出なくなり手足が冷たい
3.呼びかけても反応が鈍い
4.尿が6時間以上出ない―といった場合は、急いで医師の診療を受けて下さい。



子どもを熱中症から守る環境省は、「熱中症予防情報サイト」(http://www.wbgt.env.go.jp)で、気温や湿度などから熱中症の危険度を示す「暑さ指数」を、大人と子どもに分けて公表しています。
暑さ指数は「危険」「厳重警戒」など5段階に分かれています。
暑さ指数が31度(気温ではおおむね35度)以上になると「危険」とされ、運動に関する指針では、「特に子どもの場合は中止すべき」だとしています。
子どもは身長が低く、地面の熱や照り返しの影響を受けやすいため、暑さ指数は大人より0.1〜0.3ほど高いそうです。
環境省の担当者は「サイトでは2日先の予測もチェックできます。お出かけの際の参考にしてほしい」と話しています。


子どもを熱中症から守る

配信 Willmake143

かかりつけ医の選び方

2018-07-15

かかりつけ医の選び方
かかりつけ医の選び方週刊朝日2018年7月13日号に「人生100年時代を生き抜く!かかりつけ医を選ぶ7か条」という記事が載っていました。
「かかりつけ医」という言葉を最近よく耳にします。日本医師会では、かかりつけ医を「健康に関することを何でも相談でき、必要な時は専門の医療機関を紹介してくれる身近にいて頼りになる医師のこと」と定義しています。
具体例として、記事の中で、生まれ育った東京都大田区で、先代から50年以上にわたって地域の医療に携わる、鈴木内科医院の鈴木央院長のことが紹介されていました。

患者のなかには先代からお世話になっている一家も多く、親しみを込めて「央先生」と呼ぶ人もいるそうです。
「患者さんの生活背景やさまざまな事情、考え方に沿った医療をするのであれば、地域にいるのが一番。その上で、かかりつけ医は「病気を治す=治療の目的」としないことが大事だ。
風邪などの感染症は別にしても、通院や在宅医療で診るのは、生活習慣病などの慢性疾患や、認知症、がんの緩和ケアなど。患者さんによっては、治療のゴールが “穏やかな死” でもあるわけです。
そう考えると、治すことだけが目的ではなく、患者さんが満足するような医療を提供すること、患者さんに笑顔になってもらうことだと思います」と鈴木先生は言っています。

記事の最後には「誰だっていつまでも元気でいたい。だが、現実は厳しい。そんなときに常に近くにいて、心と体を丸ごと支えてくれるかかりつけ医の存在はとても、心強いだろう」と書かれていました。


かかりつけ医の選び方

配信 Willmake143

命を縮める睡眠負債

2018-07-08

命を縮める睡眠負債
命を縮める睡眠負債週刊朝日2018年7月6日号の特集は 「命を縮める睡眠負債」 でした。1年前の6月18日にはNHKスペシャルでも 「睡眠負債が危ない〜“ちょっと寝不足”が命を縮める〜」 を放送していました。
そして番組では紹介しきれなかった取材を加えて書籍化もされています。その本には、こう書かれていました。

「きちんと寝ているはずが、通勤時間や仕事中につい、うとうとしてしまう」「仕事や家事で、思わぬミスをしがち」「特に原因が見当たらないのに疲れやすい」
こうした症状に少しでも心当たりはあるだろうか。もしかしたら、その不調は「睡眠負債」が原因かもしれない――。

毎日1、2時間程度のちょっとした睡眠不足が、まるで借金(負債)のようにじわじわと蓄積されていく。
いま睡眠研究の分野では、こうした「蓄積した睡眠不足」のことを睡眠負債 と呼び、対策の重要性が叫ばれるようになっている。
睡眠負債は、自分でも気がつかないうちに脳のパフォーマンスを低下させてしまう。その結果、知らず知らずのうちに仕事や家事の能率が低下することになるのだ。
そればかりか、命にかかわる病気のリスクが高まることにつながりかねない。
最新の研究によって、睡眠負債が続くと認知症の原因とされる物質が脳に蓄積しやすくなることや、がん細胞の増殖を加速させることもわかってきたという。
この私たちの健康を蝕む深刻な脅威に対して、世界中の研究者が警鐘を鳴らし始めていると書いてあります。
本には25万人超が参加した睡眠負債リスクチェック表が紹介されていました。


命を縮める睡眠負債

配信 Willmake143

舌を鍛えると長生きできる!

2018-07-04

舌を鍛えると長生きできる!
舌を鍛えると長生きできる!PHP研究所から2018年7月2日に 「舌を鍛えると長生きできる!」 という本が出版されました。
著者はオーラルフレイルの専門医として、臨床のかたわら研究も行い、講演も多数行っている東京都健康長寿医療センターの平野浩彦先生です。
本書のはじめには次のようなことが書かれています。

「近年の研究で、クチの力が強い人ほど健康寿命は長くなり、他方、クチの力が弱い人ほど要介護状態になりやすく、死亡率も高いことがわかってきました。
この危険な老化が進んで、心身の機能や活力が衰え、虚弱になった状態をフレイルと呼びます。2018年現在、国内の高齢者の少なくとも250万人が該当するとみられています。
私は、高齢者を対象にした歯科医として1990年から約20万人の患者さんを治療し、あわせてフレイルの予防と回復に取り組んできました。
クチのかわき、食べたときのむせや飲み込みにくさ、滑舌の悪さ・・・・。



舌を鍛えると長生きできる!一見、クチの中だけの間題と思えるこれらが、実はのちのち大きな病気につながり、身体全体を弱らせ、やがて死期を早めてしまったケースをしばしば目にしてきました。
また、ほとんどの患者さんが歯の治療をと来院されますが、クチの中を拝見すると、歯そのものでなく、クチの機能、とくに「舌」の力が衰えている方が目立ちます。
最近、よくオーラルフレイルという言葉を聞くと思います。クチの虚弱という意味の造語で、まさに、クチの機能の弱まりが、やがては要介護や、ときに死にも結び付くのだという事実を表しています。
また、2018年に口腔機能低下症という病名が認定されました。我々、歯科医は従来、主に虫歯や歯槽膿漏の治療を行ってきましたが、これからは、歯や歯茎だけでなくクチの機能全体を診療し、みなさんに快適な生活と健康で長生きする方法をお伝えする役割を担っていきます。
なかでも、みなさんに注目していただきたいのは舌です。全体が筋肉でできている舌を鍛えることが、クチの機能をよみがえらせ、長生きするためのキモになると思っています。
本書では舌を鍛えてクチの力をよみがえらせる方法をお伝えします」

散歩で脚を鍛えるように舌も筋トレ。オーラルフレイルとは、人生100年時代を乗り切るお口の健康新常識です。

配信 Willmake143

筋活ダイエット

2018-06-26

筋活ダイエット
筋活ダイエット女子栄養大学の月刊誌 栄養と料理の2018年7月号で、「筋肉をつけて、体をひきしめる!50歳からの筋活ダイエット」が特集されています。
おなかや二の腕、背中やお尻のぜい肉が目立つ季節です。ダイエットへの関心も高まりますが、「やせ方」を間違えると一気に老け込んでしまうリスクもあるとして、若々しく体を引きしめるための食事法とトレーニング法が紹介されていました。

女性ホルモンには体内の脂肪を分解する働きがありますが、閉経を迎える50歳ごろからは、その働きが失われ、体に脂肪がつきやすくなります。
50歳代からの筋肉は、自分で意識して作っていくことが大事です。必要な栄養と、運動による刺激を、適切に体に与えるのが理想的です。
それには、ちょっとしたコツがありますと書いてありました。

筋肉の材料となるのはたんぱく質ですが、どれくらいの量をどんなタイミングで取ると効率がよいか、最近の研究でわかってきました。
量:毎食20〜30g、質:「低脂肪・高タンパク質」かつ「植物性と動物性をバランスよく」、タイミング:運動の前後30分以内にとるのが理想です。
筋肉づくりのカギを握るアミノ酸のロイシンが豊富なホエイプロテインを利用するのもよいそうです。
筋肉は運動の刺激を受けて成長します。なるべく毎日20分以上のウォーキングと階段昇降運動、そして、1日おきに筋トレを行いましょう。


筋活ダイエット

配信 Willmake143

サラサラ唾液はアンチエイジングの秘訣

2018-06-25

サラサラ唾液はアンチエイジングの秘訣
サラサラ唾液はアンチエイジングの秘訣長生きとアンチエイジングの秘訣は、サラサラ唾液にあった!という記事が週刊朝日2018年6月29日号に載っていました。
唾液は1日にどのくらい分泌されているかご存知ですか?日本大学歯学部摂食機能療法学講座の植田耕一郎教授は
「1〜1.5リットルくらいですね。ペットボトル1本分の唾液が、毎日私たちの体の中で作られています」と記事の中で述べています。

唾液には口の中をきれいにする自浄作用があります。唾液の分泌が減ると、さまざまな問題が起こります。
高齢者にとって一番こわいのは、誤嚥性肺炎のリスクが高まることではないかと記事には書いてありました。
「そのようなリスクを回避するためにも、若いうちから唾液の分泌には気をつかいたいですね。
唾液が増えれば口の中の細菌が減り、虫歯や歯周病を防ぐこともできます。その歯周病を防ぐということは、糖尿病や動脈硬化を予防することにもつながってくるのです。
唾液の分泌を促すことは、健康に長生きするためにとても大事なことなのです」と植田教授はいっています。


サラサラ唾液はアンチエイジングの秘訣記事の中で、植田教授は唾液の分泌を促進する唾液腺マッサージを紹介していました。
耳下腺、顎下腺、舌下腺。この3大唾液腺を指で刺激して、唾液の分泌を促しましょう。
唾液にはサラサラした “サラサラ唾液” とネバネバした “ネバネバ唾液” があります。
口の中を洗浄し、中性に保ってくれるのはサラサラ唾液です。耳下腺から出る唾液はほとんどがサラサラ唾液だそうです。
「なので、耳下腺を中心にマッサージをしていただくといいと思います。
耳下腺を刺激するには、ちょうど頬の中央に当る部分を指でマッサージすることです。
自分で“口の中が渇いているな”と感じたときは、ぜひやってみてください」と植田教授はすすめています。

人はストレスを感じると交感神経が優位になります。交感神経が刺激されるとネバネバ唾液が分泌され、サラサラ唾液の分泌は減少します。
心身がリラックスすれば、交感神経ではなく、副交感神経が優位になります。副交感神経が刺激されると、サラサラ唾液が分泌されます。
口の中の衛生状態を保つには歯磨き等も大事なことですが、“まずはストレスコントロール”ということを覚えておきたいですねと書いてありました。唾液は健康のバロメーターです。

配信 Willmake143

夏に発症増える脳梗塞

2018-06-24

夏に発症増える脳梗塞
夏に発症増える脳梗塞2018年6月23日の日経新聞が、梅雨時から8月にかけての夏に発症する人が増える脳梗塞についての記事を載せていました。
脳梗塞とは脳の血管に血栓(血液の塊)が詰まり、血流が途絶えることで、脳の組織が死んでいく病気です。原因によって3つの型に大別されるそうです。
1つ目は、脳の太い血管から枝分かれした細い血管が詰まる「ラクナ梗塞」。
2つ目は、頸動脈や脳の太い血管に血栓ができて詰まる「アテローム血栓性脳梗塞」。
3つ目は、心臓にできた血栓が血流に乗って脳に運ばれ、太い血管を詰まらせる「心原性脳塞栓症」。
とりわけ夏に発症しやすいのが、ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞だと書いてありました。


夏に発症増える脳梗塞東海大学医学部神経内科学の滝沢俊也教授は「6月から増え始めて8月に最も多くなるので、今から注意してほしい」と話しています。
夏に脳梗塞が増える大きな原因は脱水です。暑さでたくさんの汗をかくと、血液中の水分量が不足し、粘り気のあるドロドロとした状態になって、血栓ができやすくなります。
夏の脳梗塞を防ぐには、こまめな水分補給が大切です。特に高齢者はのどの渇きを感じにくく、脱水状態に陥りやすくなります。
夜間のトイレを避けようと、水分摂取を控える傾向もありますが、夏は日中はもちろん、就寝中にも汗をかくので、寝る前や起床後にも水分を取る習慣をつけて下さいと書いてありました。
「ビールなどのアルコールには発汗作用や利尿作用があるので、飲酒後は必ず水分を取ることが大切」と滝沢教授は助言しています。


夏に発症増える脳梗塞また、山王病院・山王メディカルセンター脳血管センターの内山真一郎センター長と滝沢教授は、脳梗塞の兆しとして「FASTを覚えておくといい」と、いっています。
顔の片側が下がってゆがむ、片方の腕に力が入らない、言葉のろれつが回らないといった症状が1つでも見られたら、一刻も早く救急車を呼ぶ。
脳梗塞は発症から時間がたつほど、半身のまひや言語障害などの重篤な後遺症を残しやすく、命を落とすこともあります。
しかし、4・5時間以内に血栓を溶かす治療や、8時間以内に血栓を機械的に取り除く治療ができれば、症状が改善する可能性もあります。
少しでも疑わしい脳梗塞の症状があれば、ためらわずに救急車を呼ぶことが重要だと記事の最後に書かれていました。

配信 Willmake143

認知症巡るリスクも補償する保険

2018-06-22

認知症巡るリスクも補償する保険
認知症巡るリスクも補償する保険2007年、愛知県大府市のJR共和駅構内で、認知症患者の男性(当時91歳)が線路に侵入し、電車にはねられて死亡する事故がありました。JR東海は、事故による振替輸送費や人件費などの損害を受けたとして、家族に対して損害賠償を求める起訴を起こしました。一審では別居する長男と同居し介護していた妻(当時85歳)に監督責任があるとして、2人に対して約720万円の損害賠償を命じました。二審でも妻に約360万円の支払いを命じています。最終的には、2016年、最高裁で家族への賠償は棄却されましたが、今後、認知症患者が増え、事故が多発すれば、家族が責任を取らされる可能性は十分あります。それをカバーしてくれる個人賠償責任保険が2018年6月20日の日経新聞で紹介されていました。

福岡県久留米市は5月31日、認知症患者が徘徊中に鉄道事故などに遭い、家族が賠償請求された場合に備え、市が代わって個人賠償責任保険に加入する事業を10月に始めると発表しました。保険料は市が全額負担するそうです。

個人賠償責任保険は家族の誰かが第三者に損害を与えた際にその賠償金を補償してくれるものです。
この保険はほとんど単体では発売されておらず、自動車保険、火災保険、クレジットカードの特約として付帯されます。
たとえば認知症の親と同居している場合、家族が監督義務者となります。そのため、きちんと監督しないと、何かあった場合、賠償責任を負わされる可能性が高くなります。
認知症などで被保険者本人が法的な責任をとれない場合、賠償責任を負った別居の子や成年後見人なども補償の対象に加える保険が相次いで発売されています。
電車などの運行不能による損害賠償を補償する特約も登場し、三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保が17年1月から手掛けています。

個人賠償責任保険を選ぶ際は示談交渉サービスが利用できるかどうかにも着目して下さい。事故で損害を与えた際、被害者との間に入って示談交渉を代行してもらえるサービスです。
事故発生時の対応が必要な自動車保険の特約として加入する個人賠償責任保険などでは利用できるケースが多いと新聞には書いてありました。


認知症巡るリスクも補償する保険

配信 Willmake143

75歳で変わる病気の常識

2018-06-10

75歳で変わる病気の常識
75歳で変わる病気の常識古い常識を捨てて、「75歳」前後を境に変わる病気のリスクを知り、考え方を変えることが健康長寿の秘訣だという内容の記事を週刊朝日2018年6月8日号が掲載していました。

2017年に日本老年学会・日本老年医学会は、75歳以上を「高齢者」、65歳以上74歳以下を「准高齢者」とする新たな定義を提言しました。
これまで、高齢者は65歳以上とされてきましたが、同学会は、多くの科学的なデータをもとに検証。現在の高齢者は10年前に比べ、身体の働きや知的能力が5〜10歳は若返っていると判断したそうです。

加齢とともに身体機能は直線的に落ちていくと思われがちですが、実際は段階的にガクッと落ちていきます。そこに節目(境目)があるのだそうです。
高齢者は個人差が大きく一律には言えませんが、その節目が「75歳」だということです。
健康と要介護の中間で、加齢に伴い心身の活力が低下し、ストレスも重なって生活機能が障害されて要介護や死亡に陥りやすい状態を「フレイル」といいます。
健康の度合いにばらつきがある75歳以上の人をフレイルという観点で見ることにより、治療成績、薬物の有害作用、予後等を予測できるといわれています。

それでは高齢者はどんな生活をしたらいいのでしょうか?顕著に変化が出るのは、食事だと書いてありました。
若いころは、肥満、メタボリックシンドロームは健康を損なうリスクとして摂生を求められていたのに、高齢者になると逆に「低栄養による体重減少に注意しましょう」と大きく転換します。
高齢者の低栄養はサルコぺニアにつながり、筋力低下・身体機能低下を誘導し、活動度や消費エネルギーの減少、食欲低下をもたらします。
東京都健康長寿医療センターの折茂肇名誉院長は「高齢者のからだの機能は、すべて衰えています。個々の臓器の病気にこだわりすぎず、総合的に見て病気があったとしても元気で日常生活ができればいいという意識・考え方に変えていくのがいいでしょう」と述べています。
人生100年時代と呼ばれる時代。高齢者の健康や病気についての考え方が、大きな転換期を迎えつつあります。


75歳で変わる病気の常識

配信 Willmake143

« Older Entries
Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.