ビタミンCの不足は病気や老化のもと

2013-10-26

ビタミンCの不足は病気や老化のもと
ビタミンCの不足は病気や老化のもとビタミンCには、血管、皮膚、骨などを作るのに欠かせないコラーゲンを作り出す役割、体内に生じた活性酸素を除去する役割、神経伝達物質のアド レナリンを作るのを助ける役割があります。
そのビタミンCが長期間不足すると、全身の老化を促進したり、がんなどの病気が発症しやすくなったり、うつなど気分の低下をもたらす原因になった りすると2013年10月26日の日経新聞が伝えています。

東京都健康長寿医療センター研究所の石神昭人さんは、ビタミンCは一度にたくさんとると吸収率が低下するため、1回あたり100〜300mgを1 日3回程度とることを提案しています。
ビタミンCは、穀類や魚類などにはあまり含まれていなくて、ジャガイモなど芋類、根菜類、豚肉などには比較的多く含まれています。
(赤ピーマン100gに170mg、ブロッコリー100gに120mg、イチゴ100gに62mg)健康づくりに欠かせないビタミンCを効果的に 補給して下さいと記事には書かれていました。

配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.