親知らず要注意

2013-11-29

親知らず要注意
親知らず要注意奥歯のさらに奥に生える親知らず(埋伏智歯)。邪魔なら抜けばいいと簡単に考えがちだが、年をとると抜歯は難しくなり、しびれなどの後遺症のリ スクも無視できないので、十分な知識をもって最善の治療を受けるようにという記事が2013年11月29日の日経新聞に載っていました。

親知らずが他の歯と同じように表面に出て普通に生えてくればそのままにしておいても問題はない。
しかし、実際には骨に埋まった状態で横向きに曲がって生え、隣の歯にぶつかることも多い。隙間ができて無数の細菌が入り込み、増殖して炎症を引き 起こしやすくなる。
悪化すれば炎症は周囲に波及する。筋肉や組織の隙間で蜂の巣状に炎症が起き、うみがたまる蜂窩織炎や骨髄炎を起こして顎骨の壊死を招いたり、まれ に全身に菌がまわる敗血症になったりする恐れもあると書かれていました。

中高年以上では硬くなった周囲の骨と癒着して抜歯が難しくなる傾向があります。北海道大学大学院歯学研究科の田村正人教授は「歯の定期検診でレン トゲンで親知らずが曲がったり埋もれたりしているのがわかったら抜歯を考えるとよい」と勧めていました

配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.