口の訓練で、むせを防ぐ

2013-12-31

口の訓練で、むせを防ぐ
口の訓練で、むせを防ぐ「ぱぱぱぱぱ・・・・」って5秒で何回言えますか?同じように「た」と「か」をそれぞれ決まった時間内に何回、発音できるかで口の機能をみる 「オーラルディアドコキネシス」という手法が注目されつつあると2013年12月14日の朝日新聞が伝えています。

「オーラル」は口、「ディアドコキネシス」はくり返し運動の意味があります。
「ぱ」は唇、「た」は舌の前の方、「か」は舌の後ろの方をうまく動かすことで発音していますが、それは唇を閉じて食べものを口の中に収め、舌での どの後ろの方へと運んでいく機能とかかわっているそうです。

九州保健福祉大教授の原修一さんや国立保健医療科学院の三浦宏子さんたちによれば、「ぱ」と「た」は5秒間に25回、「か」は24回、3つの音を つなげる「ぱたか」は8回言えれば、大丈夫で、これらを下回るようなら嚥下機能を鍛える体操を試みた方がいいと書かれていました。
嚥下機能を鍛えるには、舌を少し口より前に出した状態で唇を閉じ、つばを飲み込むベロ出しゴックン体操などがあります。食事中にむせるといった症 状が重くなる前に、自分の飲み込む力を知ることができるので「ぱぱぱぱ・・・・」のオーラルディアドコキネシスを試してみて下さい。

配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.