歯のホワイトニング広がる

2016-07-24

歯のホワイトニング広がる
歯のホワイトニング広がる日経新聞が歯のホワイトニングについての記事を2016年7月23日に載せていました。
記事は、歯の白さはどんな仕組みでよみがえるのか、施術を受ける上で注意が必要なポイントをまとめてありました。

ホワイトニングとは歯の漂泊のことで、歯科医院で歯科医師などが施術する方法を 「オフィスホワイトニング」、患者自身が歯科医師の指導の下に自宅で漂泊する方法を 「ホームホワイトニング」 と呼ぶと書かれていました。

昭和大学歯科病院で実施しているホワイトニングの通常の手順は、?歯の表面の汚れや付着物を落とすクリーニングをする。?薬剤が周辺の歯肉(歯 茎)に付かないよう、保護材で歯肉を覆う。?専用の薬剤を筆で厚さ1〜2ミリになるよう歯に塗る。?数分置いた後、歯科用可視光線照射器で薬剤を 塗った歯の表面を照射する。この手順を一定期間をおき、3〜4回繰り返すそうです。
現在、歯科医院でのホワイトニング薬剤として厚生労働省が認めているのは、1998年発売の「松風ハイライト」、2006年発売の「ピレーネ」、 2010年発売の「ティオンオフィス」の3種類だとも書かれています。


歯のホワイトニング広がる


ホワイトニングは、本人の美意識を満足させ、生活の質の向上を目指すための施術なので、健康保険などの対象にならず、全額が自費負担となります。 だから新聞記事は、事前に効果と費用を見極め、医院は可能な限り慎重に選ぶべきだろうと結ばれていました。


配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.