文藝春秋が“医療の常識を疑え”を特集

2010-11-30

文藝春秋が“医療の常識を疑え”を特集
文藝春秋が“医療の常識を疑え”を特集月刊誌・文藝春秋(2010年11月号)で “医療の常識を疑え”が特集されました。

その中で弘岡秀明先生が、インプラント埋入後にインプラント周囲炎にかかってしまったが、高齢になっていて治療費が払えず、治療できる医療機関も 見つからない―
そんなインプラント難民が増えていると指摘しています。インプラント施術前に虫歯と歯周病の治療が終わっていることは大前提。

健康を維持するために、適切な治療のみならずメンテナンスをしてくれる技術力と知識のある歯科医を選びましょうと注意を促しています。


配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.