妊娠中から お口をケア

2011-03-26

妊娠中から お口をケア“2011年2月25日の読売新聞に “妊娠中から お口をケア”の記事が載りました。

最近の研究により、天然甘味料のキシリトールが、親から子への虫歯菌の感染防止にも役立つことが分かってきました。

キシリトール入りの粒ガムを、毎食後と食間の1日計5回、5分程度かむことにより、子どもが胎内にいる『マイナス1歳』から、子どものための虫歯予防ができると紹介されています。

日本歯科医師会は、
 1.歯を磨く
 2.フッ素配合歯磨きを使う
 3.頻繁な間食など口の中に常時食べ物があるような生活を改める
 4.定期的歯科検診を受けることが重要だとし、キシリトールと併用するとこれらの効果が大きく向上するとしています。”


配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.