歯周病の治療で血糖値が下がる

2011-02-06

歯周病の治療で血糖値が下がる週刊東洋経済(2011年2月5日号)の特集
「まだ間に合う!糖尿病」に“歯周病の治療で血糖値が下がる”が載りました。

最近は、一見、糖尿病とは関係ないと思われるような歯周病の治療が、血糖コントロールを改善させることが判明してきたので、東京歯科大学歯周病学講座の山田了教授は、「糖尿病患者は歯周病の治療時に、糖尿病であることを歯科医に話すべき」と助言されています。

糖尿病が、様々な生活習慣病を併発し、それが重なると生命の危機にまで及ぶことを理解し、歯周病の予防に務めることが重要だそうです。

配信 Willmake143

Copyright(c) 2010 SONODA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.